スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中高生にはまだ早い⁈





セミナー参加

本日、ウィダートレーニングラボにて実技検定&セミナーを受けてきました。

検定は無事合格してるかな、、、。結果は1週間後。待たされてる間モヤモヤが消えないので、いったん忘れます笑



中学生にはまだ早い⁈

終了後、セミナー講師の方からいろいろと話を聞くことができました。

2年ほど前から、中高生のアスリート(日本代表クラス)へS&C指導を始めたとのこと。球技系スポーツだが、スキルの要素が強く、コンタクトもないため、なかなかS&Cの必要性が理解され難い。。まずはそこを感じてもらうところがスタートなようです。
どうにか理由付けしながら・説得しながら、継続していった結果、『明確なパフォーマンスUPはないとしても、確実にケガが減った』とのこと。

自分も中高生の指導をしていますが、ようやくS&Cを体系的に取り組み始めたところで、ものすごーく納得。話を聞きながら、「ですよね!」を連呼してました笑

講師の方は、中学2年生くらいからバーベルを持たせてるようです。日本だとまだまだ「中高生には早いでしょー」てな具合の意見が多いと思いますが、海外では普通の取り組みなんです。
こちらのブログを参照

自分の指導先(カヌー部)では、まだバーベルを持たせるところまでには至りませんが、パドルを持たせてオーバーヘッドスクワットなどをガシガシやらせていく予定。中学生でS&Cの基本的なフォームや、必要なモビリティ・スタビリティなどを獲得しておけば、高校生に上がった段階でどんどん負荷をかけることができます。

…て、こないだのブログと同じこと書いてる?笑
でもそれだけ日本の現状は遅れていて、逆に言うと改善の余地がまだまだ残されている。つまり日本のスポーツは伸びしろありまくり!!なわけです。

この現状をどうにか改善していけるように、我々S&C自習室は日々バーベルを担いで参ります!笑
そしてS&Cの普及に努めます。やることはたくさんある。まだまだこれからです。


S&C自習室 岸晃輔
Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。