スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見てもらう、受け入れる、開いておく





本日、久しぶりにスナッチをやってました。

トレーニング日誌を見てみると、前回行ったのが9/24だったので、3週間くらい空いたのか、、

重量も落ちるし、全然うまく上がらんのかなー…
とか思いつつ、恐る恐るやってみると、

あら意外!
にも、60キロがひょいひょい上がる~

ちょっと前までは60キロも自分にとってはかなり手強い重量でした。。

久しぶりだったし、良くて50キロくらいだろうと思ってたんですが、、、凹まなくて良かったー!と、朝からホッとひと安心(^^)



なぜうまくいったのか、自分なりに分析してみましたが、おそらく、『教えてもらったこと』を忠実にこなした結果だと思います。

大先輩であるS&Cコーチの方に、月1程度でトレーニングを見てもらってるのですが、前回のセッションの際にナロウグリップ・オーバーヘッドプレス(NGOHP)を宿題として頂戴しました。
これは肩甲帯・胸椎のモビリティやスタビリティを改善しよう、という狙いによるものです。

で、今までのプログラムにNGOHPを追加しようと思ったんですが、いつの間にかこればっかになってしまった笑
バランスよくやらなきゃダメなんですけどね~…これと決めたらそれしか見えなくなってしまう性格のようです(^^;;

で、スナッチから遠ざかってたのですが(スクワットなどの基本的ストレングスはやってました)、NGOHPが功を奏したか、今日はキャッチがものすごく安定しました!

また、今までは柔軟性が不十分でキャッチが窮屈だったんですが、今日のスナッチは余裕がありました。

さらに、スナッチをしたらオーバーヘッドスクワット(OHSQ)を入れることが多いのですが、これまた今までに比べてかなり安定してできました。

自分では気付けなかった、もしくは気付けても見て見ぬ振りをしていた部分。指摘してもらったことで、少し前に進むことができたのかと思います。



他人に『見てもらう』こと、そしてそれを素直に『受け入れる』こと。
狭い殻に閉じこもらないように、学ぶ姿勢を忘れないように、常に自分を『開いておく』こと。
とても大切だな~と、改めて感じた1日でありました(^^)


S&C自習室 岸晃輔
Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。