スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

都会のど真ん中に…

本日、都内のとあるジムに行ってきました。

高層ビルが立ち並ぶオフィス街の地下の一室。
そこに現れたのは、100キロを頭上から落としてもノークレームなプラットフォームが3つ並び、マシンは一切無いが、オリンピックで使用される高級バーベル&プレートがバッチリ揃えてあるという、という素敵すぎるスペースが。。

都会のど真ん中で、これだけコアな、ある意味(現在の日本では)ニーズの限定された設備を揃えるのは相当コストもかかるし、いろんな意味で覚悟が必要だと思いますが、代表の方に聞いたところ「儲けは度外視、ほとんど趣味」とのこと…。

でも、それだけのリスクを背負ってでも、このような施設にしたのは「オリンピックリフティングは最強のトレーニング」であるから、と力説されていました。

日本ではまだまだ普及していませんが、
①オリンピックリフティングができる環境が整うこと
②適切に指導できる指導者が増えること
この2つが整えば、もっともっと普及していくとし、日本スポーツ発展のためにはそうなっていくべきだ、とも仰っていました。

自分もまだまだ勉強中ですが、こういったジムが増えていって、競技レベルに関わらずオリンピックリフティングが普通に行われている状況をつくれるように、指導者としてできることをやっていきたいと思います。

まずは自身のリフティング、もっと美しく&重量上がるようにがんばります(^^;;

S&C自習室 岸晃輔
Category: 未分類

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。